読みもの

2021.09.06

鹿児島の“地のもの”を活かし、ここでしか出会えない一品に〈膳処 海山 KAIZAN〉

女将さん

  • 居酒屋
  • 天文館
  • 魚介・刺身
  • 鹿児島の郷土料理
  • 鹿児島
鹿児島の“地のもの”を活かし、ここでしか出会えない一品に〈膳処 海山 KAIZAN〉

新鮮な海山の幸と共に、気のおけないひと時を

気のおけない同僚や仲間とじっくりと、仕事帰りに一人でふらりと。にぎやかに飲み騒ぐより、美味しい食事と焼酎でほっとひと息つきたい。そんな夜におすすめなのが、天文館・文化通り近くに構える〈膳処 海山 KAIZAN〉さんです。

「知る人ぞ知る」美味い店は路地裏にあり

にぎやかな文化通りから天文館公園へ抜け、路地へ。ほわっと灯るちょうちんが〈海山〉の目印です。喧騒から逃れたしっとりとした佇まいで、「美味い酒と美味い肴を知る大人たちが集う店」という落ち着いた雰囲気。

家庭的な居心地のよさも〈海山〉の魅力。おふたりの後ろにズラッと並ぶ手書きメニューも気取らず、〈海山〉の店名の通り、海山の幸が盛りだくさん!ノドグロやオコゼなどの高級魚から、里芋唐揚げなどほっこりメニューまで、どれも美味しそうです。

付け出しから期待の高まる演出で、特別な夜に

「日替わりの付け出し」この日は、ウナギや魚のフライ、サラダなど

毎朝早くから市場に出向き、厳選した魚介や珍しい食材を仕入れているというだけあって、特に魚介メニューがイチオシです。日替わりの付け出しからしてこのクオリティ!これは期待が高まりますね…!焼酎が進むこと間違いなしなので、〈くろいさ〉ボトルでいっちゃいましょうか!

鹿児島ならでは!“地のもの”と〈くろいさ〉のマリアージュ

早朝、市場でとれた新鮮な魚の「刺身盛り合わせ」
「鮑みそ焼き」鮑を焼いて鹿児島の味噌で味を付けている珍しい料理

鹿児島生まれの〈くろいさ〉ですから、キビナゴなどの地の魚や、さつまあげなど鹿児島の郷土料理と合わせるのが一番。“なす・ヘチマの味噌炒め”などの家庭料理もいいですね。でも、ちょっと趣向を凝らしてウチらしくアレンジするなら……こちらはどうでしょう?」と登場したのは、“鮑みそ焼き”。新鮮なアワビのコリコリとした歯ごたえと、噛むほどに溢れ出る旨み、そこに鹿児島味噌の甘じょっぱさ。その濃厚な味わいを、甘く深みのある〈くろいさ〉で流し込むと…〈海山〉でしか出会えない最高のマリアージュの完成です!

接待やお祝いの席にもぴったりの贅を凝らした一品から、“黒豚コロッケ”、“竹の子卵炒め”など家庭的なメニューまで、旬の食材を生かした丁寧な仕事が光る〈海山〉さん。飲みの席だけでなく、「家族と一緒に美味しい料理を楽しみたい」という時にもおすすめです。

膳処 海山 KAIZAN

  • 住所/鹿児島市山之口町7-30サンシャインビル101(文化通りセブンイレブンの隣)
  • TEL/099-222-0053
  • 営業時間/18:00~22:00L.O.
  • 定休日/日・祝日
  • 駐車場/なし
  • 席数/カウンター8席、座敷(掘りごたつ)4卓
  • お支払い方法/現金、クレジットカード

Googleマップで見る

この記事に登場した焼酎はこちら

この記事を書いた人

女将さん

店長の妻。優しい笑顔でお客様をもてなす。様々な料理に精通しており、店長の創作料理は女将さんあってこそ。趣味は新しいレシピ作り。焼酎は夏でもお湯割派。

この記事が気に入ったらをクリック!

1つ星 6

この記事をSNSでシェア!