読みもの

2021.09.06

薩摩焼酎 黒伊佐錦

くろ店長

  • 黒麹
  • 商品案内
薩摩焼酎 黒伊佐錦

これを知れば、〈くろいさ〉の美味しさが分かる!

〈くろいさ〉の愛称で、全国的に広く愛されている〈黒伊佐錦〉ですが、実は黒じゃない〈伊佐錦〉もあるってご存知ですか?もちろん〈伊佐錦〉もとっても美味しいんですが、今回は〈黒伊佐錦〉のお話。つまり……「黒」って何?なんで美味しいの?というお話です!

まろやかな口あたり、やわらかい香り、ほんのりとした甘さ、そして深いコク。「黒伊佐錦」って本当に美味しいですよね。美味しさの秘密は、鹿児島県の北部にある伊佐の清涼な水と寒冷な気候に恵まれた自然や、杜氏をはじめとした蔵人の手間を惜しまないこだわりの酒造りなど挙げたらキリがありませんが…一番の特徴はやっぱり「黒」なんです。

ご存知の方も多いと思うのでズバッと答えから言いますと、〈黒伊佐錦〉の黒は「黒麹」の黒

芋焼酎は、主原料である「サツマイモ」と「水」、そして「米麹」からできています。

麹って聞いたことありますよね。日本の発酵食品には欠かせない存在で、味噌や醤油、みりん、酢なども米麹を使って作られていて、ブームにもなった塩麹などもそう。

焼酎づくりにも発酵過程があるので、「米麹」は焼酎の命とも言えるんですよ。

そんな米麹には大きく「黒麹」「白麹」「黄麹」があって、〈黒伊佐錦〉は「黒麹」を使っているのが特徴なんです。

地元・鹿児島は“黒”グルメが有名!黒豚、黒牛、黒さつま鶏、そして黒伊佐錦!濃厚な肉の旨味や、鹿児島ならではの甘い醤油、甘辛い煮込み料理にも、甘さとコクのある黒伊佐錦がぴったりです。

この記事を書いた人

くろ店長

鹿児島生まれで、黒いものに目がなく焼酎とおつまみを愛してやまない熱血店長。好物は黒麹の焼酎〈黒伊佐錦〉と黒豚料理。

この記事が気に入ったらをクリック!

1つ星 13

この記事をSNSでシェア!