読みもの

【土用丑の日メニュー】里芋の梅マヨサラダ

こまちちゃん

  • 土用丑の日
  • 美味しい
  • 簡単
  • レシピ
【土用丑の日メニュー】里芋の梅マヨサラダ
写真は1人分です

明日7月23日(土)は土用丑の日ですね。

古くから「土用」には、胃腸に良いものを食べるべきとされてきました。特に夏の土用の日は暑さが厳しい時期のため、元気が出る食べ物で乗り切ろうと考えられています。

そして、土用の丑の日は「う」のつく食材を食べると夏バテしないと言われています。

『う』がつく食べ物で夏の土用にはうなぎ料理をよく見かけますが、今回は梅干しを使ったレシピを考えてみました。

しかも冷凍さといもを電子レンジで加熱して作る、火を使わない夏に嬉しいおつまみです。

酸っぱい梅干しは食欲増進にも良いので、是非作ってみてください。

焼酎とのマリアージュ

さといも×さつまいもの「芋」コンビが合わないわけがない!

ねっとりした口当たりに梅の酸味がアクセントのサラダにはスッキリ〈くろいさ〉のソーダ割りを合わせるとエンドレスに楽しめます。

材料

材料(2人分)

  • 里芋(冷凍)・・・100g
  • ツナ缶・・・1/2缶
  • たまねぎ・・・1/6個
  • きゅうり・・・1/2本
  • Aマヨネーズ・・・大さじ1
  • A梅干し・・・大1個
  • かつお節・・・適量
  • 塩・・・少々
  • 白こしょう・・・少々
  • 砂糖・・・ふたつまみ

作り方

①深めの耐熱容器にさといもとかぶるくらいの水を入れ、ラップをせずに電子レンジで600w4分30秒加熱する。

②きゅうりは3㎜幅の輪切りにして、軽く塩(分量外)をふる。たまねぎは薄切りにして水にさらす。梅干しは種を取りだし、梅肉を包丁でたたき、細かくする。

③きゅうりと玉ねぎは水分をしっかり絞る。加熱が完了した①はお湯を切ってボウルに入れて潰し、塩とこしょうをまぶして粗熱を取る。

④ ③ですりつぶした里芋が入ったボウルにきゅうりと玉ねぎ、マヨネーズと梅干し、油分を切ったツナを加えまぜわせる。砂糖で味をととのえる。

器に盛り、かつお節をかける。

この記事に登場した焼酎はこちら

この記事を書いた人

こまちちゃん

お店唯一のアルバイト。とにかく元気で、良く食べ、良く飲み、焼酎のソーダ割が大好物。お店の料理を自宅で再現するのが趣味の完全自炊派。

この記事が気に入ったらをクリック!

1つ星 2

この記事をSNSでシェア!