読みもの

2022.03.15

とろける黒毛和牛もつ鍋&黒豚しゃぶしゃぶ〈ゆっくり居酒屋 ごじのね〉

くろ店長

  • 黒毛和牛
  • 黒豚
  • 鍋物
  • 地産地消
  • 居酒屋
  • 天文館
  • 魚介・刺身
  • 鹿児島の郷土料理
  • 鹿児島
とろける黒毛和牛もつ鍋&黒豚しゃぶしゃぶ〈ゆっくり居酒屋 ごじのね〉

家で“だれやめ”するように、気楽に、ゆっくり過ごしたい

今回ご紹介するのは、〈ゆっくり居酒屋 ごじのね〉さんです。“伍時の音”を意味する店名のとおり、終業のチャイムが鳴ったら、つい同僚を誘って足を運んで“ゆっくり”したくなる、そんな気さくなお店です。

おひとりさまから家族連れまで、オールマイティーに対応

〈ゆっくり居酒屋 ごじのね〉さんがあるのは、天文館・二官橋通り近くの繁華街。「“伍時の音”とともに、帰ってゆっくり“だれやめ(鹿児島弁で晩酌の意)”しよう、と家のように思ってもらえたら」と、気取らずくつろげるお店です。仕事帰りはもちろん、おひとりさま、家族連れ、女子会まで、いろんなシチュエーションで利用しやすそうですね。

プリップリ食感の黒毛和牛モツと秘伝のスープが絶品!

老舗の味を受け継ぐ「和牛もつ鍋」

〈ごじのね〉といえば、まず絶対にオーダーしたいのがこちら!創業当時から変わらず受け継がれているという老舗の味「和牛もつ鍋」です。ふわふわでプリップリの弾力が楽しめるモツは、贅沢にも鹿児島県産黒毛和牛の小腸を使用し、大ぶりにカット。“秘伝の醤油スープ”は鹿児島の醤油にこだわり、モツの旨みを最大限に引き立てます。

モツからじゅわっとあふれ出る脂と、飲み干したくなるほど美味しいスープ、そしてたっぷりのキャベツの甘み。その渾然一体の旨みがまだ口に残るうちに、〈くろいさ〉をキュッ。こりゃあ、たまりません……!

こだわりの自家製スープと卵でいただくのが特徴の「黒豚しゃぶしゃぶ」

お店のもう一つの自慢の一品は、「黒豚しゃぶしゃぶ」。こちらも、鹿児島県産の黒豚にこだわります。自家製スープにさっとくぐらせたら、卵をたっぷりからめてパクリ。黒豚ならではの甘さと、口の中でさらっと溶けていく旨みたっぷりの脂。これまた格別の美味しさです。

鮮度が命!長島産の「首折れサバ」

鹿児島県長島産の「首折れサバ」も、必食の一品。夕方水揚げされたばかりとあって、鮮度も美味しさも抜群ですよ。

美味い鍋と美味い酒、そして店主のもてなしに身も心もあたたまる

「鹿児島の食材にこだわり、新鮮な食材を使い、手の込んだ仕込みをして、焼酎に合う料理に仕上げています。もちろん、コクがあって飲みやすい〈くろいさ〉にもぴったりです。単品からコース料理まで多種多彩なメニューをご用意しています。和気あいあいと楽しんでいただける居酒屋なので、“5時の鐘の音”が聞こえたら、ぜひ〈ごじのね〉でゆっくりお過ごしください」(店主)

そんな店主の思いに応えるように、カウンター席の上には、お客様が書いた思い思いのメッセージが。大切にしている言葉やこれからの目標、仲間や家族への思い……〈ごじのね〉でほっとひと息つきながら、笑顔で筆をしたためる様子が目に浮かび、〈くろいさ〉のお湯割りのようにじんわり心も温まった夜でした。

〈ごじのね〉さんは、〈くろいさ〉を長年愛してくださり、大口酒造のイベントやキャンペーンにも度々ご協力くださっているお店。鹿児島の“地のもの”を中心にメニューも豊富なので、チビチビ飲みたい方も、がっつり食べたい方も、ぜひ〈くろいさ〉とご一緒にお楽しみください!

ゆっくり居酒屋 ごじのね

  • 住所/鹿児島市山之口町9-38 宇都ビル2F
  • TEL/099-222-0033
  • 営業時間/17:00~24:00(23:30L.O.)
  • 定休日/なし(正月休みを除く)
  • 駐車場/なし
  • 席数/カウンター4席、座敷(掘りごたつ)6卓
  • お支払い方法/現金、クレジットカード、電子マネー、QRコード決済

Googleマップで見る

この記事に登場した焼酎はこちら

この記事を書いた人

くろ店長

鹿児島生まれで、黒いものに目がなく焼酎とおつまみを愛してやまない熱血店長。好物は黒麹の焼酎〈黒伊佐錦〉と黒豚料理。

この記事が気に入ったらをクリック!

1つ星 8

この記事をSNSでシェア!