読みもの

2021.12.24

気楽に、でもちょっと贅沢に。多彩な“くずし和食”に舌鼓〈はるちき〉

女将さん

  • 鶏刺し
  • 居酒屋
  • 天文館
  • 鹿児島の郷土料理
  • 鹿児島
気楽に、でもちょっと贅沢に。多彩な“くずし和食”に舌鼓〈はるちき〉

創業20年。地元民にも国内外の観光客にも愛される人気店

いつもの飲み仲間や大切な人と過ごす時、県外から友人を迎える時、「気取らずに過ごせる気さくな店で、でもちょっと贅沢な“鹿児島の美味しいもの”を楽しみたい」。そんなニーズにぴったりなお店、旬の“くずし和食”が人気の〈はるちき〉さんをご紹介します。

大切な人と、肩肘を張らずに楽しめる、旬の贅沢

2021年で20年目を迎えたという〈はるちき〉さん。鹿児島随一の繁華街・天文館の中心地という激戦区で長く暖簾を掲げる店だけあって、活気溢れる店内はいつもお客様で賑わっています。“くずし和食”を気軽に楽しめる居酒屋ながらワイングラスも並び、リラックスできる雰囲気。女性やカップルにも人気だというのも、うなずけますね。

「おひとりの方から、団体までゆっくりくつろいでいただけますよ」と迎えてくれたのは、スタッフの吉元さん。「旬の食材を大切にし、美味しい“旬間”をお客様に味わっていただきたいので、仕入れに応じてオススメメニューもご用意しています。お声がけいただければ、メニュー以外の料理も作らせていただきます!」

モモ、ムネ、ハツ、砂ずり、レバーの5点が味わえる「黒さつま鶏の刺身盛り」

そんな〈はるちき〉さんのイチオシは?「かごしま黒豚・鹿児島黒牛に続く鹿児島の第3の“黒”、“黒さつま鶏”の刺身盛りですね。鹿児島でしか味わえない一品を、同じく鹿児島を代表する“黒”である〈くろいさ〉とぜひ!〈くろいさ〉の豊かな香りやふくよかな甘さとの相性もばっちりですよ」

見るからに美味しそうな、ツヤツヤの鶏刺しです…!モモ、ムネ、ハツ、砂ずり、レバーと余すところなく堪能できるのも新鮮な証拠。「生食が苦手な方には溶岩焼きもオススメしています」とのことで、プリプリジューシーな溶岩焼きもまた、〈くろいさ〉が進んじゃうこと間違いなし…!

鹿児島の郷土料理から一品料理までメニューも豊富

「とろとろ角煮 中華パンに添えて」。分厚い角煮のトロジュワ食感もやみつきです。

鹿児島を代表する郷土料理・黒豚の角煮も、ひとひねりするのが〈はるちき〉流。添えられた中華パンに…イン!!ふかふかの中華パンにトロットロの角煮。我を忘れてかぶりつかずにいられない美味しさです。

「海鮮お宝納豆」。海苔の風味とお刺身が絶妙の美味しさ

おつまみに最高の逸品「海鮮お宝納豆」もいいですね。海苔の香ばしさが食欲をそそり、

海鮮とのマリアージュを〈くろいさ〉水割りでクイッと……ん〜たまりません!

ふらりと立ち寄っての気軽な「だれやめ(=鹿児島弁で晩酌の意)」から、旬の美味しさ満載の“くずし和食”コースまで楽しめる〈はるちき〉さん。気さくなスタッフさんが丁寧に接客してくださり、料理だけでなくくつろぎ度も満点でした!

はるちき

  • 住所/鹿児島市千日町9-14多喜ビル2F
  • TEL/099-226-8218
  • 営業時間/18:00~25:00(24:00L.O.)
  • 定休日/なし(12/31〜1/2を除く)
  • 駐車場/なし
  • 席数/カウンター8席、テーブル15席、座敷6席・4席
  • お支払い方法/現金、クレジットカード、電子マネー

Googleマップで見る

この記事に登場した焼酎はこちら

この記事を書いた人

女将さん

店長の妻。優しい笑顔でお客様をもてなす。様々な料理に精通しており、店長の創作料理は女将さんあってこそ。趣味は新しいレシピ作り。焼酎は夏でもお湯割派。

この記事が気に入ったらをクリック!

1つ星 6

この記事をSNSでシェア!