読みもの

2021.11.05

名物の鶏刺しと、とろっとろの黒豚のなんこつ煮に舌鼓〈喜多嶋〉

女将さん

  • 鶏刺し
  • 地産地消
  • 居酒屋
  • 天文館
  • 鹿児島
名物の鶏刺しと、とろっとろの黒豚のなんこつ煮に舌鼓〈喜多嶋〉

夜な夜な大人が集う、美味しさと笑顔があふれる店

天文館・二官橋通り。夜の天文館の喧騒からやや離れ、大人の落ち着きが感じられるエリアです。その通りに面した一角に暖簾を出す〈喜多嶋〉さんに伺いました。ある鹿児島名物で評判のお店なんですよ。

地魚や地鶏など、鮮度抜群の“大海・大地”の恵みが揃う

“大海・大地・美酒”の看板を掲げる〈喜多嶋〉さん。凛とした店構えで「いいものを出してくれそう」な雰囲気がプンプンしていますね。「申し訳ないのですが、お子様連れはお断りしているんですよ」とのことで、大人がしっぽり過ごせるお店です。

店内の小上がりは掘りごたつ式になっていて、くつろぎ度も抜群です。本日のおすすめメニューには、新鮮な地魚をはじめとした鹿児島の食材がずらり!「キビナゴや安納芋の天ぷら」、「さつま揚げ」、さらには「がらんつ(イワシ丸干)」まで、鹿児島ならではの一品も。あれもこれも美味しそうで、つい目移りしてしまいますね。

芋焼酎に合う郷土料理ナンバーワン!?なんこつ煮&地鶏刺

軟骨までとろっとろの「黒豚のなんこつ煮」

迷いに迷って選んだのはこちら、鹿児島の郷土料理「黒豚のなんこつ煮」。醤油と砂糖でとろっとろになるまで煮込んだなんこつ煮の、程よい甘辛さと、とろける脂の旨み!それが〈くろいさ〉のお湯割りと溶け合って……ん〜これぞ鹿児島!合わないわけがないですよね!

部位ごとに異なる食感・味わいが楽しめる「地鶏刺盛」

そしてこちらが、今日のお目当ての「地鶏刺盛」です! 見てください、この鮮やかな色艶、そして種類の多さ!!ももたたき、胸刺しに、砂ずり、レバーたたき、ハツまで!鹿児島の甘い刺身醤油に生姜・ニンニクを加えることで鶏の旨みが際立ち、そこに〈くろいさ〉をクイッと流し込むと…思わず顔がにやけちゃう美味しさです!

笑顔の素敵な店主ご夫妻がおもてなし

お客様に喜びを多く提供できる店にしたい、と〈喜多嶋〉と名付けたんですよ。毎日地元の新鮮な食材を仕入れ、とにかく美味しいと喜んでいただきたい。お客様を笑顔で出迎えて、お客様に笑顔でお帰りいただける、そんなお店であり続けたいです」と店主ご夫妻。地元の食通はもちろん、県外からのお客様にも喜んでいただけること間違いなし。鹿児島の夜を堪能したい方に、自信を持っておすすめできる一軒です。

郷土料理以外にも、気軽な一品料理や「だれやめセット」もあるので、仕事帰りにカウンターで一杯、という日にもおすすめですよ。

喜多嶋

  • 住所/鹿児島市山之口町3-12シティハウスビル1F
  • TEL/099-222-2022
  • 営業時間/18:00~翌2:00
  • 定休日/日曜日
  • 駐車場/なし
  • 席数/カカウンター5席、座敷(掘りごたつ)16席
  • お支払い方法/現金、クレジットカード、電子マネー

Googleマップで見る

この記事に登場した焼酎はこちら

この記事を書いた人

女将さん

店長の妻。優しい笑顔でお客様をもてなす。様々な料理に精通しており、店長の創作料理は女将さんあってこそ。趣味は新しいレシピ作り。焼酎は夏でもお湯割派。

この記事が気に入ったらをクリック!

1つ星 10

この記事をSNSでシェア!