読みもの

2021.12.17

1本1本じっくり焼き上げた備長炭香る焼鳥で、気軽に一杯〈焼鳥 眞田〉

こまちちゃん

  • 焼鳥
  • 居酒屋
  • 天文館
  • 鹿児島
1本1本じっくり焼き上げた備長炭香る焼鳥で、気軽に一杯〈焼鳥 眞田〉

こぢんまりとしたくつろぎの店内で、串が焼き上がるのを待つのも楽しいひと時

仕事帰りや出張で疲れた夜、軽く焼鳥でもつまみながら一杯飲みたいな、なんてこと大人の男にはよくありますよね(大人になりたて女子の私も、よくあります!)。そんな時にふらっと訪ねたいのが、天文館・千日町の繁華街に暖簾を掲げる〈焼鳥 眞田〉さんです。

六文銭の暖簾をくぐると、気さくな“眞田”さんがお出迎え

天文館・G3アーケードから文化通り側へ進む裏通り。飲み屋がひしめく一角に、〈焼鳥 眞田〉さんはあります。あれ?提灯の灯りにぼんやりと浮かび上がるこのマークには、なにやら見覚えがあるような…?

ジャズが流れる店内は、ゆったりと寛げる8席のカウンターを中心に、2名用のテーブルと小さな座敷を設えた、こじんまりとした作り。店長が1本1本丁寧に焼き上げる焼鳥の香ばしい香りや脂の爆ぜる音も心地よく、女性の方おひとりでも気兼ねなく入りやすい気さくな雰囲気です。

この他、「お手軽コース」2,000円もあります

メニューは、紀州備長炭で丁寧に焼き上げた自慢の焼鳥を中心に、ヘルシーレバーパテなどサイドメニューも充実。コースも2,000円〜3,000円とリーズナブル!「六文銭コース」「幸村コース」……はっ!やっぱり入り口の暖簾にあったマークは、“真田幸村の六文銭”なんですね!?

「真田幸村が直接のルーツになるかは定かでないのですが、私の本名ですし家紋も六文銭なので、真田幸村にあやかって屋号やコース名に使わせてもらっているんです」と店主。「串5本や鳥刺しに焼酎やビールなどドリンク3杯がついた『六文銭コース』は特にお得でおすすめ。ちなみに、もうひとつのコースの『幸成』は武将ではなく、私の名前です(笑)」

アツアツの串を頬張りながら飲む〈くろいさ〉は最高!

焼酎は、もちろん〈くろいさ〉で決まり!〈くろいさ〉のキープボトルもズラリと並び、私までうれしくなってしまう光景です。

ハツ、ぼんじり、長芋など、お好みで焼いてもらいながら飲むのもいいですね

備長炭でじっくり脂を落としながら焼き上げられ、炭の香りまでまとった焼鳥は、絶品のひと言! わさびでいただく長芋など、野菜串が充実しているのも嬉しいですね。焼き場を気にかけながらも、気さくに話しかけてくれる店主の気遣いも温かく、居心地満点。〈くろいさ〉3杯があっという間に進んじゃいそうです〜♪

「同じ“眞田”さんがご来店くださったり、戦国武将好きのお客様も多いんですよ」と店主。“眞田”をきっかけに来店して、店主が焼く串に惚れ込みリピーターになる方も多いそう。歴史好きの方は、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

焼鳥 眞田

  • 住所/鹿児島市千日町3-6
  • TEL/099-811-4803
  • 営業時間/18:00~23:00(22:30L.O.)
  • 定休日/日曜、第3月曜
  • 駐車場/なし
  • 席数/カウンター8席、テーブル2名席×2、座敷2名席×1
  • お支払い方法/現金、電子マネー(PayPay、メルペイ)

Googleマップで見る

この記事に登場した焼酎はこちら

この記事を書いた人

こまちちゃん

お店唯一のアルバイト。とにかく元気で、良く食べ、良く飲み、焼酎のソーダ割が大好物。お店の料理を自宅で再現するのが趣味の完全自炊派。

この記事が気に入ったらをクリック!

1つ星 5

この記事をSNSでシェア!