読みもの

2022.10.20

赤提灯が目印!だれやめに訪れたい屋台風居酒屋〈裏町酒場〉

こまちちゃん

  • 焼鳥
  • 居酒屋
  • 天文館
  • 鹿児島
  • 焼酎に合う
赤提灯が目印!だれやめに訪れたい屋台風居酒屋〈裏町酒場〉

屋台の空気感を味わいながら、美味しい焼鳥と〈くろいさ〉でリラックス

穴場、隠れ家、秘密基地…そんな言葉に弱い私。ポウッと灯る赤提灯に誘われて、入ってみました〈裏町酒場〉。…まるで昭和歌謡の曲紹介のようになってしまいましたが、今回ご紹介する〈裏町酒場〉は天文館で40年以上続く、カウンターのみの屋台風居酒屋。扉も無ければ敷居もない、あるのは女将の愛と義理人情…あらやだ、ついついこの言い回しに…。それくらい風情溢れる路地裏酒場、いざゆかん!

ノスタルジックな雰囲気が、心を一気に鷲掴み!

この郷愁感、最高でしょ?仕事帰りにフラッと、もしくは小腹が空いた時に、思わず足を運んでいる常連さんが沢山いらっしゃるのも頷けます。16時からの早めのオープンも嬉しい限り♪

店内に掲示されたメニューはほとんどがワンコイン以下。良心的な価格からも女将の愛を感じます。〈くろいさ〉ボトルもズラ〜っと並べていただき、ありがとうございます!

こまちちゃん「女将さ〜ん!オススメはなんですか?」

女将さん「ホルモン串が人気だよ!」

定番メニューこそ、旨さの違いが分かります

ということで、まずはホルモン、レバー、ネギマの3種をいただくことに。軟らかくて味がしっかり染み込んだホルモンは、本当に100円ですか!?と疑問になるほどの旨さ。他の焼鳥も1本1本丁寧に焼かれたことが分かる仕上がりです。

続いていただいたのは手羽先、豚バラ、ウインナーの3種。程よい焦げ目とジューシーな肉汁が共通のチャームポイント♡アットホームな雰囲気の中で味わう串焼きと〈くろいさ〉、そして女将さんの笑顔。幸せを感じずにはいられません。

心から癒やされる「だれやめ」を体感

今回は〆に冷奴をチョイス。シンプルな料理こそ作り手の細やかさ、料理への愛情が伝わります。美味しい料理と美味しい〈くろいさ〉、何も考えずにテレビで野球観戦しながら過ぎる時間…明日への活力ってこんな風に蓄えるんだろうな。明日も頑張ろう!大谷さんも頑張ってる!

 

何かと上手くいかない毎日でも、前に進むために背中をちょっと押してくれるような居酒屋でした。「以前、ご家族で来られていたお客様で、成人されたお子様が来てくださった時は感動し、少しうるっときてしまいました」と女将さん。お客様を家族のような気持ちで受け入れてくれる優しさが、お店の温もりに繋がっているんですね。

裏町酒場

  • 住所/鹿児島市千日町6-17
  • TEL/なし
  • 営業時間/16:00~21:30
  • 定休日/日曜日、祝日
  • 駐車場/なし
  • 席数/カウンター9席
  • お支払い方法/現金

Googleマップで見る

この記事に登場した焼酎はこちら

この記事を書いた人

こまちちゃん

お店唯一のアルバイト。とにかく元気で、良く食べ、良く飲み、焼酎のソーダ割が大好物。お店の料理を自宅で再現するのが趣味の完全自炊派。

この記事が気に入ったらをクリック!

1つ星 5

この記事をSNSでシェア!