読みもの

2021.09.24

地元民に愛される、鹿児島のウマい酒とウマい飯〈さつま酒飯店 和総〉

いさ副店長

  • 地産地消
  • 居酒屋
  • 天文館
  • 鹿児島
地元民に愛される、鹿児島のウマい酒とウマい飯〈さつま酒飯店 和総〉

通うたびに新たな“かごんまのよかもん”に出会える

鹿児島のグルメが集う場所といえば、天文館の、その名も「グルメ通り」。中でも「かごんまのよかもん、ウマかもん」が揃い、昼も夜も賑わっているのが〈さつま酒飯店 和総〉さんです。鹿児島の味を求める旅行者はもちろん、誰よりも“ウマかもん”を知る地元民に愛されています。

焼酎愛、そして〈くろいさ〉愛あふれる“酒飯”店

緑の暖簾を目印にお店へ向かうと、店主の鳥越さんをはじめ、スタッフのみなさんがお出迎え。な、なんと手には〈くろいさ〉、さらに〈甕伊佐錦〉〈伊佐小町〉まで! なんていい人たち……鹿児島の焼酎への、そして大口酒造への深い愛を感じます(涙)。

ちなみに、〈甕伊佐錦〉は甕壺長期貯蔵で通好みの深い味わい。〈伊佐小町〉は花や紅茶のような香りで女性にも人気の高い、フルーティーな焼酎です。どちらもおすすめですよ!

「本日のお通し」

〈和総〉では、鹿児島南北600km、北薩・南薩・大隅・種子島・奄美、それぞれの地域の旬の食材を楽しませてくれます。中でも力を入れている焼酎は250種類以上取り揃えているそう!スタッフさんも気さくに話しかけてくれる人ばかりで、「お客様のお好みに応じて、あの手この手でご提案させていただきます!」と頼もしい限り。あれもこれも気になっちゃいますが……ここはやっぱり〈くろいさ〉です!

生産者の顔が見える食材を、多彩にアレンジ

コース料理はもちろん、鹿児島の食材にこだわったアラカルトメニューも80品以上。「農家さん・畜産農家さんたちとも交流を続けています。彼らが心を込めて育てたものだからこそ、いかにお客さんに喜んでいただけるか、美味しく料理できるか。“焼酎とご飯がススム!!”をコンセプトに、様々なジャンルにアレンジしています」と鳥越さん。

焼酎好きの料理人が腕を振るうから、焼酎がススム!

「赤海老かつお味噌焼き」
「桜島鶏つくね照り焼き」

それでは、本日のメニューから「赤海老かつお味噌焼き」と「桜島鶏つくね照り焼き」を!
バリッと焼かれた赤海老の香ばしさに、甘じょっぱいかつお味噌。その旨みが口いっぱいに広がっているうちに、〈くろいさ〉のお湯割りをぐびりっ。くぅ〜うまいっ! 新鮮な卵黄をからめていただく桜島鶏のつくねも、焼酎が進む照り焼き加減でいいですね〜。〈くろいさ本店〉でも、こっそりマネしちゃおうかな…!?

フードもドリンクも、生産者の顔が見える逸品揃い。「和をもって鹿児島の良いもの・人・想いを発信する」との思いを込めた〈和総〉の店名通り、通うほどにたくさんの出会いがありそうです。スタッフさんから、「個人的には、タルタルソースたっぷりの“桜島鶏のチキン南蛮”がイチオシ!〈くろいさ〉に合いますよ〜」と教えていただいたので、僕もまたおじゃましますね!

さつま酒飯店 和総

  • 住所/鹿児島市東千石町7-17ニイムラビル1F
  • TEL/099-295-6655
  • 営業時間/11:30~14:00L.O.、17:30~23:00(22:00L.O.)
  • 定休日/不定休
  • 駐車場/なし
  • 席数/カウンター4席、テーブル12席
  • お支払い方法/現金、クレジットカード、電子マネー

Googleマップで見る

この記事に登場した焼酎はこちら

この記事を書いた人

いさ副店長

東京生まれだが、焼酎好きが影響して鹿児島に移住。美味しいものに目がなく、食べ歩きが趣味。焼酎は何にでも合わせやすい水割りを好む。30代、独身。

この記事が気に入ったらをクリック!

1つ星 11

この記事をSNSでシェア!